【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す

うつ病者に対応する注意点

看護師

うつ病への理解が治療の重要なカギ

傷病手当金の受給が決まって、休養をしている時、うつ病者の周りにいる方は、その対応について注意すべき点がいくつかあります。まず、頭に入れておくべきことは、うつ病を患っている方は健康な人に比べるとストレスに弱い状態になっています。普通の人にとっては何でもないような、ほんの些細な、小さなことが、うつ病を患っている方にとってはとても大きなストレスになり得るのです。もしも、周りにうつ病の発症者がいる場合は、必要以上の干渉は控えるようにしましょう。例えば、うつ病者は、病気のせいで支離滅裂な話をしてしまったり、表情が暗くなってしまいます。決してワザとではないのです。このようなことに対して、一方的なアドバイスや、元気づけようというあなたの気持ちはかえってストレスになってしまう可能性が高いです。うつ病者の方と話す際には、受け身に徹し、優しく話を聞いてあげるようにしましょう。また、表面に目立った症状がないからと言って、病気でない、というわけではないのです。うつ病者は、一生懸命頑張った結果、耐えることができなくなって病気になってしまっているのです。こころの症状は本人にも見えていません。ここで「頑張れ」や「君はまだまだできる」などという前向きな発言を繰り返していると、とてもおおきな負担になってしまいます。考えが悲観的になってしまううつ病者は「できない自分が悪いんだ」などと自分を責め、さらに病気へ追い込んでいきます。このような言葉は症状の悪化に繋がるのです。「はやく治そうね」などという言葉も、うつ病者の不安を煽ってしまうかもしれません。うつ病者に対しての対応としては「今は頑張る時じゃない」と、本人のこころのエネルギーを回復させることが優先です。本人が望んでいないのに、旅行などを企画するのも症状の悪化に繋がることがあり危険です。うつ病者に対応するには、そっと見守ってあげることが大切です。

Copyright© 2019 【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す All Rights Reserved.