【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す

うつ病を発症したら…

医者と看護師

主なうつ病の症状

誰しも一度は「悲しくて何もしたくない」といった状態や「なんだかわからないけれど悲しい」などという感情に悩まされたことがあるのではないでしょうか。このような感情は「ゆううつ」という言葉で表されることがあります。うつ病を発症すると、このような感情が長期間続き、日常生活を送ることさえ難しくなってしまいます。このような状態を抑うつ状態と言います。抑うつ状態に陥ると、どのようなことが起こるのでしょうか。まず、抑うつ状態によって現れる症状には個人差があります。何事に対しても興味が湧かなかったり、好きなことに対しても楽しいという感情が湧いてこなくなってしまいます。あらゆる事態に悲観的になり、小さなことでも過剰に自分を責めてしまいます。また、理由がわからない不安感や、イラつき、喪失感などによって何事も手につかなくなってしまいます。うつ病を発症するよりも以前は、明るくはきはきとした性格だったという人も、良く打つ状態が長引いてしまうことで、表情が暗く、声を発することも少なくなったり、食事を摂ることすらできなくなってしまう、というケースも少なくはありません。また、うつ病は精神病といえど、身体的な症状が現れることも少なくはありません。激しい動悸や息苦しさ、めまいや吐き気、腹痛や腰痛、倦怠感や疲労感に悩まされ、病院で検査をしても原因がわからない…このような場合、実はうつ病だった、というケースもあり得るのです。また、うつ病の症状として多くの方が悩まされているのが睡眠に関してです。うつ病発症者の約8割の方が睡眠障害に悩んでいるといわれています。食欲の過剰な減増や、それに伴う体重の変化。倦怠感や疲労感から着替えスラできなくなってしまうこともあります。精神的な症状がイメージとして強いうつ病ですが、身体的な症状からうつ病を発見するケースは珍しくありません。万が一、思い当たる症状がある場合は、できるだけ早めに専門の医療機関を受診しましょう。傷病手当金の受給にも繋がりますし、早期治療は社会復帰にも繋がります。傷病手当金の受給に付いては、病院が教えてくれることもあります。まずは相談してみましょう。

Copyright© 2019 【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す All Rights Reserved.