【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す

傷病手当金について

悩む男性

傷病手当金とは

傷病手当金というのは、うつ病などの病気や、ケガなどが原因で働くことができなくなった場合に、給与の3分の2の額を受け取ることができる、という制度です。期間が決まっており、最長で1年6ヶ月、支給されます。傷病手当金は、健康保険協会や、健康保険組合、共産組合などから支給されるものなので、自営業の方などの、国民健康保険の加入者である方は、対象外になってしまいます。傷病手当金の支給対象となるような方は、病気やケガの療養中であること、仕事ができない状態であること、仕事を3日間連続で休み、4日目以降も仕事ができない状態であること、休業中に給与の支払いがない事、などが条件となります。給与の支払いに関しては、傷病手当金の給付額よりも給与が少なかった場合は、差額が支給される、という決まりになっています。傷病手当金の申請には、会社からや病院から、働くことができない、という証明をもらう必要があります。申請から約1ヶ月で、子宮が開始されます。働くことができないじょうたいで心配になるのは、金銭的な負担です。生きて行くために、休養するために、病院へ通うために、様々なことでお金が必要ですよね。働くことができない時に、金銭面での不安を抱えていては、休まることができません。そこで、傷病手当金を申請し、金銭的な負担を軽くすることができるのです。収入に関する不安が軽くなることで、休養に集中することができます。

Copyright© 2019 【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す All Rights Reserved.