【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す

うつ病の原因とは?

院内

そもそもの原因とは?

うつ病のそもそもの原因とは何なのでしょうか。うつ病が発症する原因には様々な説があり、脳の働きが悪くなること原因ではないか、という説が一番近いと言われています。脳で分泌されている神経伝達物質の分泌が上手くいっていないという説や、ホルモンのバランスが乱れ、ある物質が過剰に分泌され、他の物質の働きを邪魔してしまうという説など、ここに関しては、まだ詳しく解明されていません。なぜなら、うつ病はウイルスが原因になって感染するような病気とは違うためです。ここで理解しておきたいことは「こころは脳である」ということです。思考や行動は脳によって制御されています。脳に問題が起きることで、さまざまなバランスが乱れ、精神に支障をきたしてしまうのです。うつ病についてわかりやすく説明すると、うつ病は、精神的な疲労などが長引いたり、抱えられるストレスのキャパシティーをオーバーしてしまった時に、脳が対処できなくなってしまい、あらゆるエネルギーのブレーカーがダウンします。そうなった場合に、うつ病を発症してしまうのです。ここでいうストレスに、大小は関係ありません。例えば、社会からの圧力や、引越しや転職、結婚、出産なども一種のストレスに当たります。ケースごとの原因を探ることも、うつ病を治療する上で大切なことです。ケースごとの原因が分かったら、ストレスを根絶することで治療に繋がります。そのために休養が必要であり、休養をサポートしてくれるのが傷病手当金なのです。傷病手当金は、最大で1年6ヶ月支給されます。必ず満期受給されるわけではありませんが、休養中の収入のサポートに一躍かってくれます。

Copyright© 2019 【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す All Rights Reserved.