【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す

うつ病を発症したら…

医者と看護師

うつ病を発症した場合、どのような症状が現れるのでしょうか。精神病であるうつ病ですが、症状は様々あり、気分の落ち込みだけではなく、身体的な症状も現れます。傷病手当金を正しく受給するためにも、症状について理解し、病院へ行きましょう。

詳しく見る

うつ病の原因とは?

院内

そもそもうつ病の原因とは何なのでしょうか。これは、詳しいことがまだ分かっていない上に、発症の原因となる要素は人によって様々であり、一概にこれが原因とは言えません。そのため、傷病手当金を受給しながら原因を探り、治療に専念する必要があるのです。

詳しく見る

うつ病者に対応する注意点

看護師

うつ病によって働くことができなくなった際、傷病手当金を受給しながら休養しているうつ病者に対して、どのように接するかも、治療の一つとして重要な要素となります。うつ病者はとてもデリケートな状態です。適切な距離感を保ってあげましょう。

詳しく見る

傷病手当金について

悩む男性

ここまで、うつ病について話してきました。うつ病で傷病手当金を受給するには、いくつか条件があります。うつ病はいつだれが発症するかわかりません。傷病手当金について詳しく学び、正しく受給ができるように、しっかりと予習しておきましょう。

詳しく見る

傷病手当金の注意点

病院

うつ病によって働くことができなくなった際、傷病手当金を受給することでデメリットになるようなことはありません。しかし、注意しておきたい点がいくつかありますので、確認しておきましょう。

詳しく見る

身近になったうつ病

聴診器

うつ病とはどのような病気か

うつ病は、心のエネルギーが切れてしまった状態です。真面目で努力家、完璧主義者の方などは、うつ病を発症しやすいと言われています。本人は症状を自覚しにくく、周りから見ると「怠けている」と誤解されてしまうこともあるうつ病ですが、症状のサインは必ず現れます。例えば、倦怠感を訴え続ける。以前と比べて表情が暗い。やる気がなく元気がない。物事をこなす効率が落ちた。友人や家族とも交流しない。仕事や学校を欠席することが増えた。趣味に対しても興味を示さなくなった。暴飲、暴食、タバコの吸い過ぎ、もしく反対に拒食におちいる。など、うつ病者にはこういった症状が見られます。患者のことが心配なのは当然ですが、あまり熱心に関わりすぎることはかえって危険です。うつ病患者の多くは、発症以前と以後でストレスに対する耐久力が全く違っています。さらに、人と交流すること自体がストレスの源になってしまいます。うつ病から助けてあげたい、という周囲の情熱は、返って患者を悪化させてしまうことになるかもしれません。最もストレスを感じさせないようにするためには、患者の望む頻度で対応を重ね事です。大事なのはあなたのペースをうつ病者に対して押し付けてはいけないということです。うつ病発症者は自分のことを叱らず、責めずにまずは、ゆったりと休養することが大切です。こころを十分に休めることで、社会復帰への道が近くなります。この、うつ病による休養期間中は働くことができません。そのような場合に、傷病手当金を活用します。傷病手当金は、病気やケガが原因で働くことができなくなった際、3日間連続して仕事を休んだあと、4日目以降も働くことができない、となった場合に支給されます。3日間の連続した休み、というのが重要です。連続していないとしきゅはされないので注意が必要です。

Copyright© 2019 【うつ病】傷病手当金を活用して社会復帰を目指す All Rights Reserved.